FAS業務

当事務所の特徴

非上場企業が買い手になる場合又は売り手になる場合には、株式譲渡方式を採用することが一般的ですが、簿外債務を遮断する必要があったり、M&Aの対象から除外すべき資産があったりすることから、会社分割方式又は事業譲渡方式を採用すべき場合も少なくありません。

また、非上場企業が売り手になる場合には、M&Aを実行する前に、組織再編を行ったり、経営改善を行ったりすることにより、円滑にM&Aが実行できる場合も少なくありません。

当事務所では、株式譲渡方式にこだわらず、様々な手法を考慮したM&Aコンサルティング業務に強みを有しています。

報酬体系

お客様のご要望に応じ、以下のいずれかの報酬体系を採用しております。

  1. タイムチャージ
    10万円/時間(消費税別)
  2. 月額固定報酬
  3. 案件別の固定報酬

いずれの報酬体系を採用したとしても、基本的には、1時間当たり10万円(消費税別)の報酬水準とさせて頂いております。